今月9日に「滝川クリステルの”にーたいれー”発言に萌」というエントリーを書いたのですが,そこでいただいたコメントから「”ゼロ”と”れい”の違いを調べてみよう」という気になり,実際に調べてみました.すると結構面白いことがいくつかわかりました.

■その1
まずアナウンサーは「0」を”ゼロ”と発音すべきか,または「れい」と発音すべきかについて.これについては原則として「れい」と発音することになっているようです.例外としては「0歳児,0メートル地帯,0シーリング,0120(フリーダイヤル)」などを”ゼロ”と発音するようです.この辺りはよみうりテレビの道浦アナウンサーのサイトが詳しかったです.またYomiuri On-Lineの21世紀活字文化プロジェクトにも,”ゼロ”と”れい”の違いが詳しくまとめられていました.特に旧日本軍の主力戦闘機である「ゼロ戦」についての記述は説得力があります.ここではトピ主が「ゼロ戦」としているのに対し,「まんもす」さんという人が「”れいせん”と発音しましょう」などと記述していますが,Yomiuri On-Lineの同サイトでは「今ではゼロ戦が通り名になっている」とし,その理由の詳しい記述もありました.

一方で”ゼロ”と”れい”の違いについて,「最近はアナウンサーでもこだわらないそうです」などと,どこからの情報だか分かりませんが,記述しているサイトも見つけました.また同サイトでは「”こだわるアナウンサー”だけが,電話番号を読むときに0を”れい”と発音する」とも書いてありました.前述の道浦アナウンサーはフリーダイヤルだけを例外にしていましたが,電話番号全体が例外というわけではないんでしょうかね.この辺りは謎です.

■その2
次に,アナウンサーは別として,我々の日常生活における0の発音について調べてみました.既出のYomiuri On-Lineの21世紀活字文化プロジェクトによれば,NHKが行った全国調査の結果,「巨人が1対0で阪神に勝ちました」では8割近くが,電話の局番「03」では9割が,それぞれ”ゼロ”と読んでいたそうです.「歯切れのよさや言いやすさ,あるいは聞き取りやすさなどから,”れい”よりも”ゼロ”が広まったらしい」とのことでした.

”ゼロ”と”れい”には,発音の違いの他,意味の違いもあるそうです.”ゼロ”には「全く何もない」という意味があり,”れい”には「何もない」という意味に加えて,「”小さい”とか”少ない”」という意味もあるそうです(NYCのGournd Zeroは,まさに”ゼロ”からの出発という意味なんでしょうね).ここを発端にして知った天気予報の記事は面白かったです.天気予報でいう「降水確率0%」の意味は「ゼロパーセント」ではなく「れいパーセント」で,アナウンサーや気象予報士も「ゼロパーセント」とは言わないそうです.「降水確率0%とは,雨が降る確率が5%未満である」という事を示しているからなんだそうです.”れい”より”ゼロ”の方が聴き取りやすいからといって,0%を「ゼロパーセント」と発音するわけにはいかないということですね.

なお,ゼロ(zero)という英語ですが,語源はアラビア語のようです(ゼロの概念はインドからの輸入だとか).この辺りは,アラブイスラーム学院公式サイトの「アラビア語を語源とする単語」に記述がありました.

■その3
最後に結構どうでもいい話を1つ(”どうでもいい”なんて言ったら叱られるかもしれませんがw).語源blogさんで見つけた「ガンダムの主人公「アムロ・レイ」の名前の由来はゼロ戦にある」という記述.同ブログによると,「ゼロ戦の開発コード・A6M(艦戦・6番目・三菱開発の意味)→えーろくえむ→あろむ→アムロ・零→アムロ・レイ」だそうです.「あろむ→アムロ・零」が少々強引に思えますが,実際そうなんだったら文句は言えませんw.別に語源blogさんが考えた訳じゃないので,語呂合わせに無理があろうが無かろうが,語源blogさんに責任はないでしょうw.冒頭で「どうでもいいこと」とか書きましたが,ただ単純に「面白いな」と思った次第です.

■まとめ
・日本語の場合「0」は”れい”が原則として正解(例外もあり).
・滝川クリステルの「0」の発音は結局のところ正解だった.
・零式艦上戦闘機は「れい戦」ではなく「ゼロ戦」で良いと思う.
・”ゼロ”は”れい”より歯切れがいいので個人的には多用傾向あり.
・天気予報の0%には気象庁の”逃げ”を感じた.

■今後の課題
・滝川クリステルの「2」の発音について考察を深めたい.
・日本語の”れい”と同じ意味の英単語は何なのかを調べたい.
・タレント化が著しい局アナの「0」の発音に注目したい.
・川平兄弟の発音にも注目したい(クリスペプラーも).

Posted on Jun 15, 2005 in 主張・考察・その他 | edit






コメントはFacebookやTwitter経由でお願いします。2013年3月31日以前のコメントはFacebookコメント欄の下に表示されます(コメントが無い場合は何も表示されません)。

Comments

毎回調べます。

Posted by オズマ at 2005/06/21 (Tue) 11:59:46

> NYCのGournd Zeroは,まさに”ゼロ”からの出発という意味なんでしょうね

"Ground Zero" は元々核爆弾の爆心地っていう意味らしいですね。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=g-002478&p=ground&dname=1na&dtype=1&stype=0&pagenum=1

核を落とされた国民としては、一緒にしないで欲しいと思ってしまいますけどねー。

Posted by Anonymous at 2005/06/22 (Wed) 14:31:03

”核爆弾の爆心地”ですか・・・.ん~核爆弾ねぇ・・・という感じですね.アメリカ人にしてみれば,あれは核爆弾級の惨事だったのかもしれませんが,もしあれが本当の核爆弾だったら,被害は何十倍,何百倍にもなっていたわけで.9.11は確かに大惨事でしたが,核爆弾が投下された時の惨事から比べれば「たかがビルに飛行機が突っ込んだだけだろ」というレベルなのだと思います.一緒にしないで欲しいと思われる気持ち,よく分かります.

まああえてアメリカ人をフォローするならw,Ground zeroという英単語の日本語訳が9.11以前まで「核爆弾の爆心地」であったため,9.11でもそれをそのまま用いただけなのかもしれません.もしもう一つの日本語訳を考えるとしたら,「テロ攻撃を受けた地」でしょうか.でもそれなら中東辺りはGround zeroだらけになってしまいますけどね.アメリカという国,国民が”あまちゃん”だということではないかと思いました.

Posted by cozymax at 2005/06/22 (Wed) 16:05:47

インフォシークの漢字辞典より。

【零】 [画数]13画
-常用漢字
[区点]4677 [JIS]4E6D [シフトJIS]97EB 
[音訓]レイ・おちる・こぼれる・こぼす・ゼロ

Posted by 名前が『零』な人 at 2005/06/23 (Thu) 23:08:01

[ 4 Comments ]

トップへ戻る